社長のブログ コーチのお仕事

あなたの人生における最も高い目標は何ですか?それを実現させる為に私たちは存在しています。

月曜日
2010/06/07

4:06 pm

プロ野球オールスターゲームノミネート

クライアントの一人、広島東洋カープの廣瀬純選手がプロ野球オールスターゲームにノミネートされています。

今期は日南キャンプからしっかりプログラムをこなしてもらっており、過去最高の成績を続けてきています。

(まだまだ伸びていきます)

彼のブログです→ http://hirose26.blog87.fc2.com/blog-date-201002-2.html

そこで皆さんのお力をお借りして、ファン投票をお願いできないかと考えております。

毎日一票ずつ投票することが出来ますので、皆様のお力をお借りすると、オールスターに出場することが出来ます。

期間は6/20までです。

ホームページから、携帯から、専用用紙、はがき等で投票できます。

外野部門の上位3位までが選ばれますので(現10位)もう少し票を集める必要があります。

昨年の実績から行くと30万票が当確ラインではないかと思っています。

是非皆さんのお力をお借りしたくお願い申し上げます。

詳しくはこちらをご覧ください。

http://allstargame.npb.or.jp/fan-vote/internet.html

宜しくお願いいたします。

木曜日
2010/05/27

6:05 pm

スポーツ報知に掲載されました

5/26付けのスポーツ報知に記事を掲載して頂きました。内容はこちらです。http://procoach.jp/sports-houchi.pdf

火曜日
2010/05/25

10:05 pm

スポーツ報知に掲載されます

先週ですが、報知新聞から取材を受けました。ゴルファー向けのメンタルコーチングについてですが、明日5/26(水)に発売されますので、是非皆さん購入してください。取り急ぎ

土曜日
2010/05/08

5:05 pm

鹿島学園高等学校にて講演実施

本日、鹿島学園高等学校(湘南キャンパス)にて講演を行いました。

保護者20名に向け、子供の意欲を引き出す方法に関して、講演を行いました。私も同世代の子供がいますので、参加者の皆さんが抱えている問題をとても身近に感じました。1時間20分の講演でしたが、3分の2をディスカッションの場にあてました。意欲は、行動と結果の随伴性がポイントである旨をお伝えし、それと同時に心のエネルギーの浪費を無くすことと、親自身が信じることが大切であるということをお伝えしました。コーチングに出会う前は、指示命令一辺倒で厳しく正して子育てをしていましたが、コーチングを学び、自分自身のたな卸しをすることによって、子供に対して偏った躾(おしつけかも)をしていたことに気が付きました。(大学生の長男には、180度変わったといわれています。)もっとも大切なことは、その子の成功を心から信じて、愛情を持って見守るということだと思います。 それが出来るだけで充分のような気もしますが、それが出来上がった上で色々な教育を進めていく必要があると思います。今回もご縁を頂き、人の成長に携わることが出来て本当に嬉しく思いました。座談会形式であれば、空いている限りはお受けいたしますので、ぜひ声をかけてほしいと思っています。 

火曜日
2010/05/04

8:05 am

花ノ本 海さん 家元披露公演に行って来ました

花ノ本海さん(日本舞踊花ノ本流)の家元披露公演に行って来ました。(総合格闘家の大山峻護さんからご縁をいただきました。)以前、日本舞踊の稽古をしている風景は、ほんの少し見たことがあるのですが、踊りだけではなく様々な日本文化の作法も習得出来るというイメージがあり、躾、作法の一環なのかなと思っていましたが、舞踊というだけあって、舞を通して行われる表現力に圧倒されました。国立劇場の大劇場で、11:00-19:30まで行われていましたが、私は、17:00くらいに会場に入り、後半の舞台を堪能させていただきました。家元の海さんの舞台のときは、祝福と感動とやさしく見守る雰囲気の拍手が沸き起こっていたように感じました。この日が初舞台だった息子さん(2歳)も物怖じせずに、堂々と役をこなしていました。自分の子供にとっての初舞台も重なり、大きな思い出に残る舞台になったのだと思います。この公演では、観客の半数以上が着物姿の女性であり、日本文化が脈々と受け継がれている印象を持ちました。唄や太鼓のリズムと着物の美しさ、舞う姿の美しさなど、今まで経験したことがない感動を覚えましたし、ゆったりとした流れの中でも、舞う人の表情や目線、仕草で様々なメッセージを観客に伝えるところは、まさに、舞手と観客との対話によって感動が作られていく仕組みがあるような気がしました。舞手ばかりではなく、観客も自らの心の中で琴線に触れる部分を研ぎ澄ましながら、感動を作り出していくことが必要だと思います。昔の人は、心での対話がもっと繊細で、もっと感動をしながら見ていたんだろうなと思いました。この日本の文化に触れて、感動できる心をもつことが今の私達に必要なことだと思います。古きよき日本の文化には、私達が成長するための大きなヒントが隠されていると思います。

このような機会をいただけたことに本当に感謝したいと思います。

月曜日
2010/05/03

7:05 am

ゴルフトーナメント観戦

クライアントが出場している サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント の最終日に行って来ました。

普段の電話セッションでは把握できないことが沢山わかりました。やはり現場に出ることの重要性を強く感じます。

普段お伝えしている、トレーニングがどのように使われているか、そしてどのように機能しているのかを確認できる機会ですので、朝の練習からラウンド終了まで、5時間しっかり見学をさせていただきました。(6時間歩き通しでしたので、心地よい疲労感で夜は良く眠ることが出来ました。)どんなところを見ているのかというと、主に姿勢や表情を観察しています。どのような状況でどのような姿勢、表情を作り、そしてそれがどのような感情や概念から作り出されているのか?ということを後でヒアリングしながら、明確にしていきます。そしてその選手にとっての最適な心の状態に整えていくことを行います。選手にとって最適なプレーが出来る心の状態がありますので、いかにその状態を自らのコントロールで作り出すかということが勝利への鍵になります。そのためには、自分の感情やそれを作り出している概念や信念を把握しておく必要があります。見学の最中に数名の記者の方から、『○○さんのメンタルコーチの山家さんですよね?』と声をかけていただいたのには正直驚きました。選手や関係者から聞かれていたようで、とても嬉しいことではあるのですが、守秘義務があるので、選手個人とお話している内容をお答えすることは出来ません。選手の同意があれば、私の宣伝にもなりますし、ゴルフ界のお役に立てることにもなると思いますので、お話したいことは沢山あるのですが、記者の方には本当に申し訳なく思いますが、その点をご了承いただければと思います。クライアントが自己肯定感を持ちながら、活き活きとプレーしている様子を見るのは本当に嬉しいことです。GW中に見学できる催し、試合などがありますので、精力的に参加したいと思っています。写真撮影は禁止されているので、ポスターのみです。

土曜日
2010/04/17

9:04 pm

さよならヒット!

 

契約しているプロ野球選手が本日さよならヒットを放ちました。何度か経験していることですが、クライアントの成功は本当に嬉しく思います。ここ一番という場面で、強い気持ちでバッターボックスに立ち、しっかりとボールを捉えていました。プロのスポーツ選手でも、頂点に近くなればなるほど、信じる力が必要になってきます。自分を信じる力は、セルフイメージともいえますが、ここ一番で力を発揮するのが自分らしいというセルフイメージが強ければ強いほど、それを実現する確立が高くなります。起こしたい状況の確率を上げる為に取り組めることのひとつとして、話す、書く、読む、イメージするということやってもらっています。メンタルマネジメントの本の中で下記の一言が書かれています。『起こることについて、考えたり、話したり、書いたりすればするほど、そのことが起こる確率は大きくなる。』上記の内容は人に話す必要はありませんが、自分の心にインストールすることによって、そのセルフイメージが強固なものになって行きます。スペックが同じパソコンでもインストールされているソフトウェアが違えば、できることも違ってきます。自分はどんなことが出来る人間になりたいか?そのためにはどんなソフトウェアをインストールする必要があるのか?皆さんはどんなソフトウェアをインストールしていますか?

あなたの人生にとって必要なソフトウェアは何でしょうか?

 

金曜日
2010/04/02

10:04 pm

建長寺での座禅

鎌倉の建長寺というお寺に座禅に行ってきました。お客様と一緒に鎌倉を散策しながら、座禅を経験してもらうことをやっています。座禅を強くお勧めしているわけではありませんが、背筋が伸びる凛とした世界を経験してもらっています。この日は桜が満開で最高に気持ちが良い日でした。凛とした空間に身を置きながら、座禅をさせていただく事は格別な幸せを感じるときです。座禅といっても、初級者のところに座って、組んだ足の痛さに耐えながら、『数息観』(ゆっくりと呼吸をしながら数をカウントする)をする程度のものですが、お客様と一緒に時と空間を共有できることは、この上なく豊かさを感じるときです。

北鎌倉駅で待ち合わせをし、散歩しながら建長寺まで行きますが、結構楽しめるルートですのでそのルートをご紹介したいと思います。全て徒歩です。北鎌倉駅集合 15:30葉祥明美術館で心が豊かになる作品に触れ(700円)明月院の庭を見て日本の美を感じてもらい(300円)建長寺で座禅(無料:お布施300円) 17:00-18:00八幡宮と段蔓を歩き(無料)日本料理を堪能し(2000円前後) 18:30-19:50鎌倉駅で解散  20:00山笑う五月になると、レンタサイクルを借りて、銭洗い弁天や花の綺麗な長谷寺等もルートに入ります。前回のブログに書きましたが、鎌倉投信さんの社屋もルートのひとつになりそうです。行って見たい方は、是非ご連絡ください。

土曜日
2010/03/20

6:03 am

東大合格

メンタルコーチングによる成功事例を掲載します。コーチングには守秘義務があり、名前が未掲載であっても、セッションの内容を明かすことはできません。今回は、クライアントからご許可を頂き掲載をしているものです。【パーソナルクライアント】年齢: 19期間: 200912月~20103月 (4ヶ月間)セッション開始時の状態:19歳男性のクライアント、昨年の大学受験に失敗し、一年間浪人をしながら受験勉強を続けている。昨年、試験前に焦りから勉強が手に付かないという状況が起こり、最も集中したいときに集中できず、惜しくも不合格となってしまった。焦ることなく試験勉強に集中して取り組み、合格を手に入れたいという要望からメンタルコーチングを開始。セッションでの戦略及び内容最初に電話で現状と昨年からの経緯を聞かせていただきました。その後、お会いして面談を行い、気分転換の方法や朝晩行う心身調律の体操などをレクチャーしました。お話を伺う中で、迷い、不安、自分への義務感、勉強の進捗度合い、家族への恩返し等、内省(深く自分を省みること)が度々起こっており、それが起こると長く考えすぎてしまい、勉強に集中している時間が短くなり、更に焦りを強めるというスパイラルが起こっていました。コーチの戦略深い内省を起こさないように、自分の想いをセッションの中で吐き出すということと、今現在考えている自分の将来像の特定(とりあえずでも進む方向を定める)をしてもらいました。その結果、カタルシス効果(心の整理・浄化)とセルフイメージの仮設が起こり、勉強に集中しやすい環境が作られました。また、セッションの頻度も週130分から、2日に1度、1回当たり10分前後のセッションに切り替え、常に二人三脚のような形で勉強に集中するということを行いました。起こった結果東大受験の前に、上智、慶応、早稲田を受験しました。その時々でそれぞれの試験に対する意味を明確にし、 『諦めることなく集中し、心をこめて試験に臨むということ貫く』 というスタンスで受験してもらいました。その結果、これらの試験も全て合格し、東大受験時には、更に集中力の高い状態で臨むことが出来るということになり、合格を手に入れることが出来ました。感想、その他模試の状態では、自分のベストを出しても合格できるかどうかが微妙という状態でしたが、試験直前まで、効率的に集中を維持できたことで、その一線を乗り越えることが出来たのではないかと思っています。メンタルマネジメント(ラニーバッシャム著)の基本として、在りたい状態を効果的に作り出すには、意識、無意識(本では下意識)、セルフイメージのバランスが重要であり、自信は、経験からではなく、自らのイメージで作り出すものであるといわれています。今回のメンタルコーチングは、将来像を明確にし(仮設でもよい)、セルフイメージを高く維持することと、意識、無意識で起こっている心のエネルギーの浪費を極力無くし、そのエネルギーの集中を東大受験に注ぐことをポイントに進めていきました。東大の合格の連絡をいただいたときは、本当に嬉しくて涙が出てきました。私自身にとってもとても素晴らし経験となりました。以上

月曜日
2010/03/01

8:03 am

今必要な強さとは。

昨夜はご縁を頂き、総合格闘家の金原弘光さんの応援に行ってきました。

判定で負けてしまいましたが、 KOされない強さを教えていただきました。

試合後の控え室に伺い、御礼を伝え帰路に着いたのですが、があれだけ打たれ、傷ついている状態にもかかわらず、しっかり対応をしてくださいました。彼の素晴らしい人柄に触れた一瞬でした。格闘技の試合は、大山峻護選手のセコンドやサポートを続けていた関係で数多く経験していますが、相手がいる競技であり、自分のベストを出しても勝てない場合がある反面、本領を発揮する前にあっさり勝ってしまう場合もあります。メンタルコーチの仕事は、選手が競技生活を送る中で如何に心のエネルギーの浪費を減らし、試合に集中させることができるかだと思っています。しかし、それ以上に選手が持っている勝とうとする力が試合結果に大きく影響すると思います。金原さんの試合を観戦し、リングに立ったときの冷静な表情、試合中における対応、本能的に反応する身体、 切れることのない精神力、どれをとっても妥協なく鍛錬してきた一流の証ではないかと思いました。判定では負けてしまいましたが、KOされない強さを感じた試合でした。

日本景気は厳しい状況が続いているようですが、今は、何があってもKOされないという取り組みが大切なのかもしれません。