社長のブログ コーチのお仕事

あなたの人生における最も高い目標は何ですか?それを実現させる為に私たちは存在しています。

月曜日
2010/02/22

6:02 am

日南キャンプ視察

2/21,22と日南キャンプ視察に来ています。

21日の朝一番の便で宮崎入りし、レンタカーにて日南へ。たまたま偶然ですが、長嶋終身名誉監督が同じ飛行機に乗っていらっしゃいました。同じ飛行機に乗り合わせたというだけなのですが、なぜかとっても得をしたようなか気分になりました。

日南に行く途中で、巨人軍のキャンプ地を通るのですが、日曜日でソフトバンクとの練習試合ということもあって、駐車場に入れない車が1キロほど長い列を作っていました。昨年は平日で、ゆっくり見物できたのですが、今年はそのエリアに入ることも出来ない状態です。巨人の人気は本当にすごいですね。その後広島東洋カープのキャンプ地へ入りましたが、西武との練習試合があり、こちらも球場の駐車場にはとめることが出来ませんでした。宿泊するホテルに車を置き、歩いて球状に入りました。試合は6-9で西武が勝ちましたが、ホームランやファインプレーがたくさん出る見ごたえのある試合でした。既に全開でプレーしている人、ちょっと精彩を欠く人等、選手の調整レベルもまちまちのような気がしました。地元の方々にとっても、1年に一度のものすごく楽しみにしている催し物になっているようです。大きな球場とは違うのどかな雰囲気で、観戦をしていました。いつも思うのですが、広島の応援席は、ほのぼのとした暖かい雰囲気が漂っている感じがします。夜は、某球団の友人と南郷にある旬彩タナカというお店で食事をしました。このお店は、宮崎の地鶏をさばいて卸している関係で、手ごろな値段で絶品!の鶏料理が食べられます。鶏だけではなく地元の魚の刺身なども出てきて、本当に至福のひと時を堪能しました。それどころか、たまたま、居合わせた某球団の監督にワインの差し入れを頂いたり、食事までもご馳走になってしまいました。某監督のカリスマ性と気さくなお人柄と懐の深さに触れることが出来た瞬間でした。本当に有難うございました。一年に一度、契約している選手に、今年の目標設定や現状の自己分析などを半日から1日かけてやってもらっています。同時に意識と無意識の働きや普段の生活態度との関連などもレクチャーしていきます。成功している状態の生活、思考、仕草、立ち居振る舞い、セルフトーク等を設定し、そのエリアに入る生活を送ってもらうことが基本となります。この仕組みは、アスリートだけではなく、企業家やエグゼクティブといわれる人たちにも適用しています。この仕組みを生活に組み入れることで、精神的な安定感と更なる集中力が増すといわれています。機会がありましたら、ブログでご紹介させていただきます。

 

木曜日
2010/02/18

7:02 pm

後を引くちょっと嬉しいサービス!

今度の土曜日に雪道を走る可能性があるので、スタッドレスタイヤにホイルごと交換しました。私は父が自動車整備会社を経営していた関係で、そこで多少アルバイトの経験があり、自動車の整備は一通りできます。今日は少し時間があるので、久々に自分でやろうと思い、試してみたのですが、ホイルのボルトが思ったよりも硬かったのでディーラーに持ち込むことにしました。ホイルの脱着4本で3150円。安かったのとおまけに洗車までしてくださいました。

同じ海外の自動車メーカーでも、ディーラーを運営している会社が違うと、サービスもかなり違うことがわかりました。以前お願いした別の運営会社のディーラーと金額も違うんですね。金額も良心的ですが、洗車をサービスにしてくださるところなんかは、本当に嬉しい限りです。たとえ金額が多少高くても、私はこちらの会社を選びます。

健全なビジネスを末永く続けていくためのヒントがここに隠されているような気がします。同じ商品を扱っている場合は特に人やサービスの違いによって売り上げが変わってくると思います。価格が多少高くても、次回もこの店に持ち込もうという気持ちになります。買い替えの時にはなおさらこのお店で買いたいという思いになります。

今日はビジネスを進めるうえでとても大切なことを感じさせていただいた気がします。

お店の方に心から感動したこととお礼を伝え、家に戻りました。

心を豊にしてくれた瞬間でした。

ボルボ・カーズ 戸塚 の皆様に感謝!

金曜日
2010/02/12

1:02 pm

プロフェッショナルな生活について

一流といわれているビジネスエグゼクティブやプロスポーツ選手と契約をさせていただいている関係で彼らの生活スタイルに触れる事が多々あります。一流といわれている人たちは、一流の生活パターンを持っているようです。一流といわれている人たちの共通点は何か?共通していえることは、みんな早起きなところです。早起きをして、やることはそれぞれ違いますが、安定して成功を続けている人は、朝5時には起きています。私も早起きのパターンを取り入れていますが、早起きをするとほんの少し違った世界が見えてくるような気がします。今朝読んだ本で、なるほどと思えることが載っていましたのでご紹介しますね。

体温を上げると健康になる (単行本(ソフトカバー))

齋藤 真嗣()

体温を上げると健康になる

11回体温を上げる行動をすると免疫力が上がって病気になりにくくなるそうです。私は、体調が悪いと感じたときや、風邪気味のときには、あえて軽くランニングをしています。大汗をかくようなことはしませんが、ほんの少し汗ばむ程度ですが、それをすると体調がよくなるんですね。今まで本能的にやっていたのですが、体温を上げる行動は、理にかなっているんだということがこの本で明らかになりました。それと、健康的な一日の過し方も載っていましたが、寝る時間以外はほぼ自分のパターンとマッチしているという発見もありました。『お前のやっていることは正しいよ』という承認を頂いた気がしました。確かにこれと似たパターンを一流といわれる人たちはやっていますね。やはり早起きは大切なのですね。これからも一流と感じる生活パターンを実行していきたいと思っています。

皆さんも是非やってみてください。私は、9割出来ればいいと自分に余裕を持たせています。

お勧めです。

 

日曜日
2010/02/07

11:02 pm

アスリートにおけるメンタルコーチング

私のビジネスの柱の一つにアスリート向けのメンタルコーチングがあります。2004年から現在まで、16種類の競技の選手数十名と契約をさせていただきました。現在は、6名のアスリートの選手と年間契約をさせていただいております。サポートの方法は、コーチングの対話がベースとなり、それに心理学やNLP、ヨーガ療法、禅、集中内観などの要素を取り入れて、選手のサポートに当たっています。もちろん科学的な検証という面ではスポーツ心理学のツールも色々使ってきています。最近は、選手のトレーニングのメニューにフロー理論を取り入れるアプローチをさせていただいております。これは、普段の練習や生活環境の中で、フロー状態に入れる比率が高いと、本番でのフロー状態(ゾーン状態やピークパフォーマンス)を引き起こせる確立が高くなるというデータから取り入れるようになりました。また、コーチングの基本前提として、答えはクライアントの中にあるという考えがあり、主観的な感覚を尺度としているフロー理論はとても相性がいいと考えています。エグゼクティブコーチングとの違いをよく聞かれるのですが、限られた期間で確実な成果を出すために、成功するための仕組みをお伝えし、その仕組みを部分的又は全部を取り入れて、普段の生活の中で、トレーニングのメニューとして組み入れてもらっているところが大きな違いだとお伝えしています。アスリートの場合は、普段の生活の中に下記の内容を取り入れてもらっています。一例として、規則正しい睡眠、起床時に心身調律の体操、ヨガの体操、呼吸法、瞑想、成功イメージビデオの視聴、アファメーショントーク、ポジティブな姿勢、ポジティブセルフトーク、メンタル日記、正心調息呼吸法、寝る前の体操等。NLPを駆使してクライアントをサポートしているときは、一時的な成果を出すことが出来たのですが、継続して安定的な成果を出すためには、普段の生活の中からそのパターンを潜在意識の中に作り出すことが必要になり、上記の仕組みを取り入れるようになりました。上記の一連の仕組みは福島大学の白石豊教授の考えがベースになっています。アスリートのサポートに関連してですが、今日は、禅に関係する本を読んでいて、すごく感動しましたのでその本をご紹介したいと思います。大正15年頃に東北大学にて教鞭をとっていたドイツ人哲学者 オイゲン・ヘリゲルが日本の禅を学ぶ為に、その入り口として弓道を学んでいく背景を書いた本です。わずか100ページほどの本ですが、当時の師と弟子の様子や、禅の心を重んじていた日本の文化が感じられ、日本文化の素晴らしさを再認識させられる一冊でした。オイゲン・ヘリゲルは 弓と禅 という本を書いたことでも知られているので、こちらの本もおススメです。

日本の弓術 (岩波文庫) (文庫)

Eugen Herrigel(原著),柴田 治三郎(翻訳),オイゲン ヘリゲル 日本の弓術 (岩波文庫)